忘年会景品を当てる抽選方法は?

忘年会では景品が付き物ですが、幹事は
どのようにしてそれを抽選するかというのも
併せて考えておかないといけません。

単に景品だけ用意して忘年会に突入しては
いけないわけです。

忘年会で景品を当てる抽選方法と言えば、
ビンゴが最も一般的でしょう。

誰もがルールを知っているので詳しい説明は
不要ですし、また一発で順位が確定してしまう
わけでもありません。万人が喜ぶもの

ビンゴに至るまでの途中経過というのも
忘年会を盛り上げる重要な要素になっているのです。

もちろん先行して開いている人が有利なことは
間違いありませんが、先行したからと言って
必ずしもビンゴに先に到達するとは限りません。

途中で何度も足踏みすることもありますし、
なかなか開かないと思っていたら途中から
立て続けに開いてビンゴになることもあります。

一つ一つのビンゴ玉を発表するごとに
大きなリアクションが返ってくることは
間違いないでしょう。やっぱりこれ

ビンゴを抽選方法として用いる場合、
一応の注意点を挙げておきます。

最も考えておかないといけないのは、
同時に複数のビンゴ達成者が出た場合です。

同時であっても景品の関係上、順位を付けざるを
得ない場合が多いと思われるからです。

いくつか方法がありますが、例えば既に
開いている箇所の数の多いほうを上位にする
という方法があります。

あるいは、その複数人を暫定順位としておき、
そのままビンゴを続けて、先に追加のビンゴ列が
揃った人のほうを上位とするような方法もあります。