忘年会景品を当てる抽選方法は?

忘年会では景品が付き物ですが、幹事は
どのようにしてそれを抽選するかというのも
併せて考えておかないといけません。

単に景品だけ用意して忘年会に突入しては
いけないわけです。

忘年会で景品を当てる抽選方法と言えば、
ビンゴが最も一般的でしょう。

誰もがルールを知っているので詳しい説明は
不要ですし、また一発で順位が確定してしまう
わけでもありません。万人が喜ぶもの

ビンゴに至るまでの途中経過というのも
忘年会を盛り上げる重要な要素になっているのです。

もちろん先行して開いている人が有利なことは
間違いありませんが、先行したからと言って
必ずしもビンゴに先に到達するとは限りません。

途中で何度も足踏みすることもありますし、
なかなか開かないと思っていたら途中から
立て続けに開いてビンゴになることもあります。

一つ一つのビンゴ玉を発表するごとに
大きなリアクションが返ってくることは
間違いないでしょう。やっぱりこれ

ビンゴを抽選方法として用いる場合、
一応の注意点を挙げておきます。

最も考えておかないといけないのは、
同時に複数のビンゴ達成者が出た場合です。

同時であっても景品の関係上、順位を付けざるを
得ない場合が多いと思われるからです。

いくつか方法がありますが、例えば既に
開いている箇所の数の多いほうを上位にする
という方法があります。

あるいは、その複数人を暫定順位としておき、
そのままビンゴを続けて、先に追加のビンゴ列が
揃った人のほうを上位とするような方法もあります。

大人数の忘年の景品の数は?

忘年会は、会社や組織などの規模によっても
参加人数が異なりますが、大勢で集まる場合には
ゲームやカラオケの景品もできるだけ多めに
用意すると盛り上がります。

特に、上位数名にいきわたるようにしてあると
皆が一生懸命、取り組むことにもつながりますし
会場の舞台から遠い席にいる人たちでも
盛り上がることが想定できます。

初めて見るまた、小分けした飴などの
手軽な物であれば
金額も抑えられるので、
全員に参加賞として
渡すこともできます。

人数が多い場合には、会費や
組織からの補助も多くなることが
想定されるので、忘年会の景品の
費用にもゆとりがある場合も多くなります。気持ち第一

そのため、大人数の時には、
一つ一つの金額を高めの設定に
したり、上位数名に高額商品を
準備できるように、景品を
手配することもできます。

忘年会の参加者が、同じ部署や
同じ会社ではない場合には、取引先の
人などにも行き渡るような配慮も
必要であるため、少しでもたくさんの
景品を用意することを考えるのも有益です。

忘年会は一年の終わりの重要な会であるため、
食事内容や飲酒のことだけでなく、余興を
楽しんだり、その景品に注目するのも有意義です。

大人数の時には、全員と話すことや顔を合わすことも
困難な場合もありますが、皆でゲームなどに
興じることで一体感が生まれ、その年の締めくくりとして
ふさわしい会となります。

また、余興の担当者に向けたねぎらいの意味での
景品などを手配しても喜ばれます。

忘年会でインパクトのある景品は何にする?

忘年会で景品を用意することになった場合には、
インパクトのある物を用意できると、忘年会が
盛り上がって良いものです。

なお、手っ取り早いのは、高級なアイテムです。

有名で人気のあるテーマパークのペアチケットや
誰もが知っている知名度の高いブランド和牛などを
忘年会の景品として用意すれば、かなり反応が
良くなることが期待できるでしょう。

しかし、こういった物ばかり集めようとしたら、
かなりお金がかかってしまいますから、予算オーバーに
なってしまいがちです。ペア

ですから、金額はあまり高くないけれどインパクトが
ある物というのも知っておくと、忘年会の景品選びが
しやすくなって助かるものです。

例えば、食べ物ですと、ジンギスカンのセットや
鍋のセットですと、テーマパークのペアチケットに
比べてかなり安く手に入れられますが、そこそこ
豪華さはあるものです。

また、有名なメーカーのランクの高いアイスクリームも、
価格を抑えつつインパクトを出せる景品です。

目玉は目玉でしっかりと用意して、あとはこういった物を
選んで周りを固めていけば、全体として非常に魅力的な
景品のセットを用意することができるでしょう。競い合う

ちなみに、予算内である程度の点数をうまく
用意しようとすると厳しくなってくることもあり、
安い物を入れなければならなくなることもあるでしょう。

そういった時には、ただ安い物を景品として
用意するのではなく、ユーモア・ギャグの要素がある物を
選ぶと雰囲気が良くなるものです。