カテゴリーアーカイブ: たるみ治療

肌のたるみを防ぐために必要なこと

顔の筋肉などは、年齢とともに弱くなってくるとされています。特に女性の場合は30代を過ぎたあたりから
体が少しずつたるみが出てくる可能性があるわけです。

 

人間の身体は人によって異なりますので、どれぐらいでたるみが出るのかが明確にはわかっていないものの、
30代位から出ても不思議ではありません。それだけ、顔の筋肉が使われていないことを意味しているわけです。

 

MTメタトロンエッセンシャルセラム導入

この場合には、少しでも顔の筋肉を引き締める運動などをしなければいけないでしょう。
あるいは、顔の筋肉を引き締めたるみをなくしていくクリームなどを使うのが良いかもしれません。

 

成分DMAEが配合されているMTメタトロンエッセンシャルセラムの場合には、それなりにしっかりとした結果が出る可能性が高いです。顔の筋肉を引き締めてくれる役割があるため、すぐに若い頃の顔に戻るわけではありませんが、少なくともたるみができるスピードが徐々に弱まって来ます。

 

結果的に、歳をとりにくい顔になる可能性があるわけです。もちろん使い方によっても違いますので、その使い方を確かめなければいけないです。気になる場合には、いちど使ってみると良いですがお試し品等があればそれを利用して1ヵ月間効果を見てみるのも悪くはありません。

たるみを防止するときに気をつけたいこと

成分DMAEが配合されている商品は、定期的に利用することが重要になります。この商品を利用することにより、
たるみが解消されたと言う事例はたくさんありますが、使い方がとても重要になるでしょう。まず短期的に物事を
考えるのは避けた方が良いかもしれません。

 

どのような意味かと言えば、すぐに結果が出るだろうと考える事は避けなければいけないと言うことです。
はっきりって薬ではありませんので、1階や2回使ったところではっきりとたるみがなくなるわけではありません。

たるみを防止

 

一般的に人間の細胞は3ヶ月ぐらい経過するとおおよそ入れ替えるとされています。
そうすると、3カ月間は最低使い続ける必要があるでしょう。これはあくまで1つの
目安になりますので、成分DMAEが入っているMTメタトロンエッセンシャルセラムは、
最低3ヶ月と言う考え方を持って利用するのが望ましいです。

 

最終的には、その人の顔の質などによって変わってきますので、この点はよく理解して
おいた方が良いです。最終的に、若返ることができれば良いですが、それでもやはり1年
ぐらい使い続ける必要があるかもしれません。

 

使いすぎも良くありませんが、使わなすぎも問題といえますので程良い適量を使うことが
大事です。

顔のたるみは医学的改善が近道!Solala Clinicのレーザー治療へ

口腔内などから直接アプローチ

顔のたるみや上下瞼のたるみなど、見た目年齢を上に見せてしまう
やっかいな顔のたるみ治療を専門にしているのが仙台市にあるSolala Clinicです。

このクリニックはソララクリニックと呼ぶ美容皮膚科で、
レーザー治療により顔のたるみを修復して貰うことができるようになっています。

こちらのクリニックの治療は切ることなく顔のたるみを修復できるレーザー治療で、
口腔内などの皮膚の裏側に相当する部分より直接狙うことでたるみの最深部から
アプローチを図れるメリットがあるようです。

これに加えて、両面照射による多層的なアプローチを行うことで顔のたるみの修復効果を高めてくれるメリットもあります。

このような優れた治療機器は、その機器を操作する人の技術に応じて
得られる効果は左右されるといっても過言ではないのです。

こちらのクリニックは、専門医が適切なプロトコルによる十分な照射を行うため、
治療機器の性能を最大限に活かした形でたるみ治療を受けることが可能です。

顔は、皮膚・皮下組織・筋肉・骨など複雑な構造を持ちますが、表情筋や脂肪の量は
個人差があるので、それぞれの患者さんの状態に合わせて施術を行うのが特徴です。

より良い効果を得るためには?

顔のたるみを治療してくれる医療機関は多くあるけれども、レーザーの照射を行うときには専門医以外の人が行うことが多いといいます。

しかし、解剖学的に合理的な計画を立案するのが専門医であるならば、
医学的根拠に基づきその計画を立案した医師が行うことが重要で、その点では
仙台市のSolala Clinicは自ら専門医が行うのが特徴です。

十分な解剖学知識や治療機器に対する理解力は医師以上にはありえないもの、
安全面から考えた場合でも大きな問題があるので例え同じ治療法だからといって
同じ効果が期待できるとは言い切れないと考えているようです。

現在の患者さんの肌状態やたるみの状態を確認する、部位ごとに照射する量を決めるなどの
計画を立て直接照射を行うことはより良い効果を得るための基本になるもの、これは医学的根拠に
基づいた考え方でもあり、こちらのクリニックでの顔のたるみ治療は改善効果はもちろんのこと、安心・安全を与えてくれます。

ちなみに、ほうれい線の場合は口輪筋・小頬骨筋・大頬骨筋・頬筋・咬筋・側頭筋など
多くの組織が関係しているといいますが、これらを理解することはほうれい線の改善には
どのようなアプローチが良いのか決まって来ます。

自宅で簡単にできる顔のたるみ改善のエクササイズ方法!フェイスラインを刺激して老廃物を流す!

エステに通わなくても改善できる

年齢を重ねるにつれて、体に様々な問題が生じてきてしまいます。
見た目は人の印象を大きく左右してしまうポイントなので、
顔のたるみはしっかり対処する必要があります。

特に顔に問題が生じてしまうのは避けなければいけません。

顔のたるみを改善する方法はエステに通わなくても大丈夫です。
高いお金を出してエステでケアをする選択肢もありますが、エクササイズを行ってみることおすすめします。
自宅で簡単にすることができるので、誰でも無理なく実践することができるはずです。

 

フェイスライン

 

その際に気をつけるべきことがあります。
それは正しい方法で行わないと意味がないことです。

自分で考えた方法でエクササイズをしている方がいますが、
あまり効果が無いというケースが少なくないので、
まずは効果が期待できる方法で行ってみることが大事になります。

効果が無いだけでなく、中には逆効果である注意してください。

せっかく顔のたるみを改善するために実践するのだから、
少しでも効果が期待できる方法を選択するべきです。

自宅で簡単にできるエクササイズも様々な方法があるため、
実際に効果が出ている人の方法を参考にしてみることが有効です。
実際に効果が出ている人の意見は参考になることが多いです。

 

継続して続けることがとても重要

顔のたるみを改善するために重視するべきことは、
フェイスラインを刺激することで老廃物を流すことです。

これを意識するだけで顔のたるみへの効果が変わってきます。

それでは誰でも実践できるヨガのポーズを紹介します。
それは胸鎖乳突筋をほぐすポーズです。

胸鎖乳突筋は首をねじった時に出てくる筋肉で、
リンパがたくさん集まっている箇所なので刺激することで老怪物を流すことができ、
顔のたるみを改善することができます。

あぐら又は正座で座り背筋を伸ばし、右手の指を左耳の後ろに添えてください。
そこから息を吸って軽く皮膚を押しながら引き上げ、息を吐きながら首を右に倒して5秒程度キープします。
シンプルですが、リンパに高い効果が期待できますし、座りながら行うことができることも魅力です。

 

ヨガポーズ

 

数回だけ行って効果が出ないと批判してしまう方がいますが、
数回程度で結果が出ないのは当たり前です。
継続して実践することで、少しずつ効果が出てくるわけなので、
何回か行っただけで顔のたるみが改善できるものだと勘違いしてはいけません。

10分もかからない方法なので、毎日続けることができるはずです。
テレビを見ながらでも構わないので、毎日続けることが大事になります。

 

 

顔のたるみの原因とは

顔のたるみは見た目の印象に大きく影響するため
多くの女性の悩みの種となっています。

では、顔のたるみができてしまう原因は一体どこにあるのでしょうか。

もちろん加齢も大きな要因のひとつですが、実際には
「皮膚の乾燥」「筋肉の衰え」の2つが原因と言われています。

肌のハリや弾力には真皮層にあるコラーゲンやエラスチンなどの
繊維が大きな役割を果たしていますが、肌が乾燥すると
適切な水分量が保持できずにこれらの繊維を破壊してしまいます。

肌の水分量を維持

紫外線も大敵で、特に波長の長いUVAは真皮層にダメージを与え
繊維芽細胞を傷つけてしまう上、皮膚の内部で活性酸素を生み出して
繊維を硬くしてしまうのです。

また、年齢を重ねるごとに筋力は衰えていくものですが、
それは顔の筋肉にも言えることです。

顔の皮下組織の下には表情筋と呼ばれる小さな筋肉がたくさんありますが、
その表情筋が衰えてしまうと肌を十分に支えられなくなってしまいます。

表情筋が衰える原因は主に加齢ですが、表情が乏しい人も
筋肉が使われないためたるみやすくなると考えられています。

これらの原因で出来てしまった顔のたるみは自分でケアするだけでは
なかなか改善しないため、肌の専門医であるSolala Clinicで
治療を受けるのがおすすめです。

顔のたるみの治療ならSolala Clinic

宮城県仙台市にあるSolala Clinicは、アンチエイジング医療を
専門に提供する美容皮膚科です。

肌に関する豊富な知識を持つ専門医により、美容的観点を考慮しながら
肌の悩みやコンプレックスを改善してくれると評判を呼んでいます。

その特徴は県内最大級の医療機器設備を備えており、
肌状態を解析しながら美肌治療を行うことにあります。

顔のたるみについても、皮膚・皮下組織・筋膜・筋層の全てに
効果的に治療を行うため「両面照射」と呼ばれる治療を行っています。

両面照射とは肌の表面からだけではなく口腔内からレーザーを照射する
治療法で、たるみの最深部を最も効率的に治療することができます。

従来の手法よりも肌への負荷が少なく安全性が高いことが特徴で、
顔のたるみを改善すると共に劣化した肌の若返りの効果も期待できます。

老化に伴うたるみを引き上げてリフトアップしたいと思うのは
当然のことですが、たるみを引き上げたとしても肌自体が美しくなければ
見た目年齢を若くする事はできません。

見た目年齢を若くしたい

当クリニックの両面照射治療では、リフトアップと同時に
肌質の改善をはかる事で相乗効果により見た目年齢をも
引き下げることができます。

口コミでも評判のよいクリニックなので、顔のたるみに悩んでいるならば
一度相談してみてはいかがでしょうか。

顔のたるみが気になる人に最適なプレ化粧水

顔のたるみには、プレ化粧水でマッサージをするのが効果的です。化粧水をする前に、ブースターや導入化粧水などを利用するメリットは、リンパの流れを良くして透明感をプラスしたり血行が良くなるので顔のたるみの改善にアプローチすることができます。

たるみの改善に繋がる

顔のたるみは、化粧水の前のプレ化粧水をしてマッサージをするとその後に使う化粧水の浸透も良くなるのがメリットです。普通にローションを振る場合に対して、この一段階を踏むことでより浸透が良くなるので、肌の乾燥が気になっている人や顔のたるみに悩んでいる方は導入美容液を試してみてはいかがでしょうか。

ブースターという名前で売られていたり、導入美容液などいろいろな名称がありますが基本的には、化粧水を塗る前に1ステッププラスする感じになります。この日と手間をかけることで、顔のたるみに協力にアプローチをすることができます。

その際には、ローラータイプの美顔器などを使うと血行が良くなりリンパの流れも促されます。リンパが滞ると顔がたるんで見えることがありますし、むくみも気になりますので毎日の習慣にするとよいでしょう。鎖骨周辺に出口がありますので、そこからほぐすのがポイントです。

肌状態を良くするためのケアとは

肌状態を良くすることで、顔のたるみも気にならなくなります。健康な肌の状態に導くためには、血行を促すケアを欠かすことはできません。毎日洗顔後の習慣にすることで、苦にならずに続けることができます。

化粧水を使う前に美容液やオイルなどを使って、肌をほぐしてあげることでくすみも取れやすくなりますし、顔色も改善するのがメリットです。高級な化粧水を使っていても何となく浸透している気がしない、という方にもこうしたブースターを利用するのはお勧めです。

いつも使っている化粧品の浸透が悪いと感じたら、安いブランドで構いませんので導入液を利用してから毎日のお手入れに移行するのが良いでしょう。化粧水の前の1ステップは、慣れてしまえば面倒ではなくなりますしリンパの部分を流してあげることでむくみも取れていきます。

顔のむくみを取る

肌状態を改善することで、すっきりと若々しい肌に導くことができますし肌のコンディションも整います。自分の肌質に合ったものを使うのが良いですが、オーガニックや無添加のタイプなら肌が弱い方にも使うことが可能です。肌をほぐしていくことによって柔らかくなりますし、状態がすぐれない方に最適なお手入れです。

レーザーによる顔のたるみ治療の効果

顔のたるみは加齢とともに皮膚の弾力が減退し
たるんでいく老化現象です。

原因としては加齢の他にも紫外線や乾燥、ストレスも関係してくる
こともあります。

ストレスを感じる

たるみ治療の方法は様々な方法がありますが、治療方法のひとつにレーザー照射があります。
たるみを切除しないので、傷跡が残る心配がなくほとんど副作用の
心配がありません。

治療後すぐにメイクをすることも可能なので休みが取れない方や
たるみ治療後に予定がある方でも治療を受けることができます。

真皮層内のコラーゲンを長期的に増やして顔のハリをアップさせる方法や
開いた毛穴の引き締めに有効なカーボンピーリングという物質を
毛穴が気になる部分に塗布し照射すると同時に強力な引き締め効果を
発揮させることによってリフトアップさせる方法です。

あえて顔の皮膚にダメージを与え、傷ついた細胞を新しい細胞に
生まれ変わらせるターンオーバーを促進して、肌質を改善する方法
などがあります。

またレーザーによる顔のたるみ治療は肌トラブルに直接働きかける
ことができ1回の施術時間が短く短期間で完了するメリットがあります。

照射後に肌に赤みやかさぶた、ざらつきなど肌荒れのような症状が
残るのですがメイクでカバーできる程度で目立った傷が残ったり
腫れるようなことはほとんどありません。

また顔のたるみ治療の他にもレーザー照射はシミやニキビ、
イボなどの治療にも有効です。

照射の際に軽い痛みがあるので心配な方は麻酔クリームなどを
使用できるか病院に確認してみましょう。

病院に確認

病院へ通うことに抵抗がある場合、自分でのケアを試みている方も
多いようです。

マメにマッサージをしたり、表情筋トレーニングを1日少しでも
取り入れることで、少しずつですが改善が期待できることは確かです。

しかし、やはり自分でのケアとなると、継続が難しくなってきます。

そんな時でも諦めず、美容皮膚科に相談だけでも行ってみましょう。
案外思っていたよりも簡単に、改善方法が見つかるかもしれません。

コンタクトシェルなしでも手法によってはレーザーによる上下眼瞼のたるみ治療は受けられる!

気軽に受けられるレーザー治療

たるみ治療はコンタクトシェルでも受けることができます。
目元のたるみは老化を促進させる要因で目元はよく見られるからです。

たるみ治療をするだけでグッと若返ることからも、目元のアンチ
エイジングの大切さがわかるでしょう。

たるみは最強の年齢サインになるからこそ、気になり始めたら
早めにたるみ治療を受ける必要があります。

コンタクトシェルが不要な方法は気軽にできますし、効果が
長く維持してくれるのです。

医療レーザーを活用した方法は定番で、目元から若返りたい人
最適でしょう。

目元の若返り

目は口程に物を言うということわざがありますが、それほど
顔の中でも大切なパーツになります。

目元と鼻と口元の3パーツで美顔かどうか決まると言われるほどです。

たるみ治療には若返り作用があり、即効性を期待できるのも
メリットです。

若々しい美顔を手に入れるためにもたるみを解消させましょう。

コンタクトシェルなしで受けられるたるみ治療ならば、
サロン感覚で利用できるのです。

サロンとの違いは医療行為のため、医師や看護師などの医療資格者が
在籍する必要があることです。

つまり万が一肌トラブルが発生しても、その場で対処できる
メリットがあります。

 

目元のコンプレックスを解消させる

たるみ治療で上下眼瞼を解消していけば、美しい目元が実現します。

目元を変えるだけで別人のように顔つきが変わるケースは少なく
ありません。

たるみ治療で大切なのは見た目を大きく変えられることで、それが
何よりの自信につながります。

容姿に自信がなくなってくると、さまざまなコンプレックスを併発
するのです。

性格が消極的になったり、顔つきに元気がなくなったりします。

美意識が上がる

こうした問題をまとめて解消できるのがたるみ治療であり、
上下眼瞼を解消したい人に最適です。

加齢によりたるみが発生するのは当たり前のことですが、なるべく
抑えたいのが本音でしょう。

40歳になったときに45歳に見られるよりも、35歳に見られたほうが
嬉しいはずです。

若く見てもらえれば自信がつきますし自然に美意識が上がっていきます。
たるみ治療は若返りに最適であり、他の治療より実感できるからです。

シワやシミなども気になる年齢サインですが、たるみほどは気に
ならないでしょう。

黒ずみやくすみなども代表的なトラブルですが、それほど
見た目年齢には影響しません。

数ある肌トラブルのなかでも、たるみは非常に目立つわけです。
だからこそたるみ治療は優先的に受ける必要があります。

たるみ治療|サーマクールの治療実績

たるみ

世界的にも、美容先進国として一目置かれているアメリカ、
そのアメリカで約二十五年も前に開発されたサーマクールは
たるみ治療に用いるマシンとしては画期的で、
アンチエイジング治療の歴史を塗り変えたとも言われています。

加齢とともに現われる肌のたるみは、肌表面に原因が
あるのではなく、肌の奥深くの組織のゆるみが原因で
引き起こされています。

それまではこの層に作用するには、メスで切るしか
手段はありませんでしたが、この方法だと出血や腫れ、
痛みもひどく、ダウンタイムはかなり必要となっていました。

しかしサーマクールの登場によって、このような患者サイドの負担が
一気に解消され、術後すぐにメイクをして帰れるなど
驚くほど進化しました。

若い頃のような

サーマクールは、高周波によって肌の奥深くに
熱エネルギーを届けることが可能で、肌は
自然治癒力でコラーゲンをどんどん生成させ
続けることができるので、肌の奥深くから
若いころのようなハリが蘇ってきます。

たるみ治療|サーマクールの原理

サーマクールの歴史は、2002年にアメリカで開発されたことから
始まりました。そして、そこから世界各国へと広がっていったのです。

メスを使わない
サーマクールとは、ラジオ波と言われる
高周波を使用したたるみ治療のことです。
そのしくみは、ラジオ波で肌の内部に
熱を届け、肌の表面は火傷しないように
冷やすこという治療です。

つまり、メスを使わない治療です。

ラジオ波は電気なので、肌を傷つけることなく
熱を浸透させることか可能なのです。
そもそも、肌ののたるみの原因は、筋肉や皮下組織の
皮膚を支える機能が低下することです。

たるみ治療は、肌の内部のコラーゲン繊維にダメージを与えて
収縮させ、それによって、肌を引き締めて
リフトアップさせるというものです。

美しくなる

そして、ダメージを受けたコラーゲン繊維は、時間をかけて
少しずつ修復され、再び新しいコラーゲンが作られていきます。

そのコラーゲンによって、肌はつやつやになり、肌の内部から
美しくなっていくのです。

たるみ治療|サーマクールによるやけどとは?

頬やフェイスラインのたるみを解消できるとして
サーマクールという美容医療は人気となっています。

美容医療

この美容医療はラジオ波という高周波の熱によって
肌内部のコラーゲンを収縮させるのが特徴です。

コラーゲンがキュッと引き締まる為、施術直後に
たるみの改善を実感できます。

また、収縮を起こした部分を早く治そうとして
コラーゲンの生成量が自然とアップする事から、
長くアンチエイジング効果が続くという点も
サーマクールのメリットです。

副作用

メスを使わず安全性の高いたるみ治療ですが、
副作用のリスクはゼロではありません。

熱を肌内部に加えてアンチエイジング効果を引き出す事から、
やけどのような症状が起こるケースがあると言われています。

皮膚の赤みや腫れなど軽い症状から、水疱ができるといった
重い副作用まで様々です。

特にケロイド体質の方は施術を行う事によって
トラブルが起こりやすい為、施術を受けられない
ケースがほとんどです。

サーマクールには、このような副作用もある事を考慮して
施術を受けましょう。