忘年会の景品の費用の目安

忘年会の景品の費用の目安は様々ですが、最近の傾向としては
多くの会社でそれ程高額ではないけども参加者の多くに
商品が行き渡るシステムを導入する会社が多いようです。

忘年会は一年の締めくくりにふさわしいイベントです。

多くの会社では、忘年会に景品を導入する事で
参加者のモチベーションを高めていますが、それでもやはり
中々多くの方の満足を引き出すのは難しいようです。

難しい

最近では余興や景品に凝っている会社が大変多いようです。

この傾向はよい事ですが、幹事の方からすれば
どのようなイベントを考えて提案すれば多くの方の満足に
繋がるかを考えるのはとても大変な事です。

得に景品にどれくらいの費用を掛けるかは中々シビアな問題です。

可能ならば、多くの方に満足できる商品を提供したいと
考えるのが当然ですので、幹事の方は是非、この点を強く
意識して、余興や景品を考えるべきです。

内容を考える

最近の傾向としては高額商品で場を盛り上げるか、
安価だけれども多くの方に満足頂ける商品を幅広く
提供するかのいずれかに偏っています。

どちらも大事な要素ですが、自社の社風や参加メンバーの
顔ぶれを考えて、どちらが適しているかを考える必要があります。

費用対効果の高い忘年会を行いたいものですね。