忘年会の景品で参加賞は用意すべき?

忘年会の主な目的は、その年の終わりであるため
ねぎらいの意味を持っています。

おいしいもの食べたり、カラオケをしたり、
ゲームを行うことで、楽しい気分になる人も多いです。

そのような忘年会には、景品の準備も必要不可欠です。
参加賞もあるとなお喜ばれます。

参加賞としては、粗品程度のものでよいですが、
持ち帰りやすく、会場に忘れていかないものを
検討するといいです。はっきりする

忘年会では、飲酒する人が多いうえ、
二次会や三次会まであると、
会場を移動することになりますので
忘れていったり、他の人のものを
間違えて持って行ってしまうことも
想定して、極力小さなものを選ぶといいです。

また、忘年会のカラオケやゲームの上位の人には、
豪華な景品があると参加者が増えたり、夢中になって
楽しむことも想定できます。旅行や食事などの券を
用意すると、持ち帰りも簡単で、普段しないような
贅沢ができるので、喜ばれる景品の一つと言っても
過言ではありません。

景品を選択するのは漢字の役割になる場合が多いですが、
予算に合わせて、皆で持ち寄っても面白いです。

様々な可能性があるので、自分たちで考えるだけでなく、
経験者に相談して、いい案を考えるのでも一つの手段です。

参加賞に関しては、必ずしも要しなくてはいけない
ものではありませんが、一年の仕事などを頑張り、
その喜びを分かち合うために、準備されていると
うれしいものであり、全員で共有できる喜びと
いってもよいものです。やる気が出る