幹事が悩む 忘年会の景品の準備の仕方!

忘年会を企画するのは大変な仕事です。
ただでさえ年末で忙しいのに、盛り上がる会の進行や
くじの景品を考える時間がありません。

特に景品選びは幹事にとって最大の悩みになります。
誰がもらっても嬉しいものを選ばないといけませんが、
旅行券や商品券ばかりでは印象は悪くなります。

幹事の忙しさをよそに、参加者はイベントとしての
面白さを求めているのです。

もちろん商品券や旅行券を用意するのは構いませんが、
それぞれ一枠だけにしておきましょう。

忘年会の景品でおすすめのアイテムは、家電など
生活に密着するもので、趣味性のないものです。

掃除や洗濯をしない人はいませんので、あまり興味の
無い人でも簡単に使ってみることができます。春を待つ

特に男性からの支持を得られるでしょう。
女性に対しては、ボディケアグッズや
エステ券などがおすすめです。

やはり女性は美を追究したがるものです。
特にボディケア関連のものは
メイクのブランドほどの
こだわりがありません。

ファンデーションはこのブランド!と思っている人はいても、
入浴剤やハンドクリームは絶対これ!と思う人は少ないものです。

家電と同じように、試しに使ってみることができます。
忘年会というタイミングを考慮すると、おせち料理も
最近は人気があります。自分では用意しなくても、
ただで貰えると重宝するものです。

景品を選定する際は、とにかく自分の好みやこだわりを
徹底して排除し、誰でも使いそうなものをテーマに
考えていきましょう。1年の終わりに

そもそも忙しい時期に忘年会を開くという文化に
疑問を持ちますが、仕方が無いことです。