大人数の忘年の景品の数は?

忘年会は、会社や組織などの規模によっても
参加人数が異なりますが、大勢で集まる場合には
ゲームやカラオケの景品もできるだけ多めに
用意すると盛り上がります。

特に、上位数名にいきわたるようにしてあると
皆が一生懸命、取り組むことにもつながりますし
会場の舞台から遠い席にいる人たちでも
盛り上がることが想定できます。

初めて見るまた、小分けした飴などの
手軽な物であれば
金額も抑えられるので、
全員に参加賞として
渡すこともできます。

人数が多い場合には、会費や
組織からの補助も多くなることが
想定されるので、忘年会の景品の
費用にもゆとりがある場合も多くなります。気持ち第一

そのため、大人数の時には、
一つ一つの金額を高めの設定に
したり、上位数名に高額商品を
準備できるように、景品を
手配することもできます。

忘年会の参加者が、同じ部署や
同じ会社ではない場合には、取引先の
人などにも行き渡るような配慮も
必要であるため、少しでもたくさんの
景品を用意することを考えるのも有益です。

忘年会は一年の終わりの重要な会であるため、
食事内容や飲酒のことだけでなく、余興を
楽しんだり、その景品に注目するのも有意義です。

大人数の時には、全員と話すことや顔を合わすことも
困難な場合もありますが、皆でゲームなどに
興じることで一体感が生まれ、その年の締めくくりとして
ふさわしい会となります。

また、余興の担当者に向けたねぎらいの意味での
景品などを手配しても喜ばれます。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)