万年筆など価値のある骨董品を出張買取してもらう注意点

骨董品というのは、洋画や日本画のような絵画、彫刻や茶道具、書道具、中国美術など、
かなり種類がたくさんあるものですが、骨董品買取を行っている業者では、
万年筆のような小さなアイテムも買取対象となっていることがあります。

こういった大きくも重くもないアイテムというのは、持ち歩きやすいですから、
お店に持って行って売る、いわゆる店頭買取が利用しやすいものですが、
他に大きな物で売る物がある場合には、出張買取で一緒に処分をするのも良いでしょう。

なお、出張買取で万年筆などの価値ある骨董品を売る時に注意したいのは、付属品の用意です。

本体だけでも買取自体はしてもらえるものですが、箱があると高価買取になりやすいので、
できるだけ付けた状態で売ることが大切と言えます。

また、曲がっていたりサビがあったとしても買い取ってもらえる場合がありますから、
自己判断で勝手に売れないとあきらめるのではなく、取りあえず業者に
見てもらった方が良いものです。

骨董品買取を依頼する優良業者の選び方

骨董品買取を依頼する優良業者の選び方として知ってくべきポイントがあります。

まず、品物の価値に見合った適正な骨董品買取を行うには、
自社で売買が出来ることが欠かせません。

中間マージンが入らないので、それだけ適正な買取を行ってくれます。

次に、幅広い取り扱いをしている骨董品買取なら、数多くの査定を行ってもらえるので
優良業者と言えます。

そして、迅速な対応をしてくれることも確認しましょう。

さらに、秘密厳守を徹底して行っている業者であれば、骨董品買取を利用しても安心です。

買取に関する情報は、守秘義務をきちんと守ることが重要だからです。
このようなポイントをそれぞれ確認した上で、出来るだけ優良業者を選ぶようにするのが、
とても役立ちます。

せっかくの骨董品を売るのであれば、確かな優良業者を利用することで、
正しい価値を適正に認めてくれるようになるので、欠かせないポイントになります。

後悔しないためにも、良く確認をしておきましょう。

古い急須が出てきたら骨董品買取に

自宅で古く趣を感じる急須が出てきたら、「なんだ。。古臭い」と感じてそのままゴミに出して捨ててしまうという前に、古い急須に価値がある可能性もあるので骨董品買取に出すのがおススメです。
とは言えどんなところに依頼するのか迷ってしまいますが、まずは骨董品品買取には掛け軸や絵画などを専門とする「美術商」、陶器などを専門とする「茶道具商」など専門分野に分別されてることを理解することが大切です。

古い骨董品の急須の場合は茶道具商の分野に部類されるので、勿論茶道具商のスペシャリストがいる店舗に鑑定依頼をする事がポイントです。

例えば仮に掛け軸や絵画などの美術品をを多く買取専門としている店舗に足を運んでしまった場合、陶器などを専門にしている茶道具商に比べ買取価格が1/10になってしまったというケースもあるほどです。

「茶道具商を専門としているお店」などといったように一つの分野だけしか取り扱っていないお店が一般的ですが、中には1つのお店で茶道具商・美術商のスペシャリストを配置したより実績の高い店舗もあるのでまずはご自身できちんとしたお店を把握し選定することが重要です。

硯の一種である中国端渓硯は骨董品買取業者へ

中国端渓硯という硯の名前は採掘場所がもとになっています。
古い硯で最低では100年以上の歴史があるものが骨董品と言われます。

このように古さによって価値が変わり、買取も多く行われています。

石の表面に自然の模様がついている場合や、細かい彫刻が描かれたものは、さらに貴重な骨董品として買取されることが多くあります。

選ぶポイントと知れば、安定感があり、色つやがいいこと堅さが適度にあると言うことがあげられます。

また、中国端渓硯は石の形が様々なこともあり、骨董品としてだけでなく美術品としても価値があると判断されることがあります。

石の色は紫が基本で柔らかめの印象があります。これが硯として中国端渓硯の価値を高める要素でもあります。
石に現れる「紋」という模様も多数あり、黒い鳥の羽のようなくよく眼、青豆のような緑に小さなひとみが見えるの青豆眼、象の頭に似た象眼などがあります。

これらの眼のひとつひとつが骨董品としての価値を高め、買取額に影響を与えます。

唐木茶棚の骨董品買取について

唐木とは骨董品の材料の一つで、紫檀、花梨、黒檀、白檀、鉄刀木などの東南アジアを主産地とする銘木のことを言います。

気候の違いにより日本では成長することの出来ない原木なのです。奈良時代、遣唐使により文化と共に持ち込まれた製品が唐木家具であり、桃山時代のころからその原木の輸入が盛んな頃に茶道、華道、香道が発展すると共に唐木茶棚を始めとして香炉台・座敷机などの道具も作られました。

江戸時代に入るとその堅さ・独特の木目色調で、洒落た調度品や身辺の品などの唐木家具は広く普及しました。

釘やネジを決して使わない各種組手による技法で組み立て、表面は漆を吹き込んで仕上げられた唐木茶棚は、現代においても骨董品としての人気があるため、価値が高く買取価格も高めです。

その精巧な造りの複雑さ・洗練された美しさ・状態により骨董品としての買取価格はまちまちですが、おおよそ300,000円から高いもので5,000,000円ほどの値が付くこともあります。